ホーム > オナクラコラム > ユニークオナニーいろいろ > 【ガナニー】オナニーで驚愕の発見
2014/11/26

【ガナニー】オナニーで驚愕の発見

Pocket

いつもお読みいただきありがとうございます。
オナコラ.comのK子です。

今日は久々にユニークオナニーの項目を更新させていただこうと思っているのですが
このオナニー、「ただただユニーク」というだけではなく
「普通の人はできない!」という意味でも”ユニーク”なのです。
ユニークながらも恐ろしさを感じるオナニー、ぜひこの機会にお確かめください。

開発者、誇らしげに語るも衝撃の事実判明

事件は今から3年前、2011年の4月23日に2ちゃんねるの掲示板で前触れもなく起こりました

マジやばいんだが……
オ●ニー中毒になる覚悟のある奴だけ読んでくれ

そう切り出したスレ主(2ちゃんねるでその話題の掲示板を立てた本人)は
何の知識もなく語り出し、以下のように言葉を続けます。

特別な道具も技術も一切いらない
勃起するとチ●コの裏のキン●マ付近でゴツゴツしてる所あるのわかる?
まずはそこを探してほしい

その文面を読んだスレ主以外の男性が衝撃の一言をスレ主に伝えるのです!

このオナニーのことが書いてあるスレはこちら
(※サムネイルクリックで本スレへジャンプします)

ガナニー

 

オナニーで命拾い!
(※ネタバレ注意 ばらしてほしくない方は先にジャンプを)

前立腺がん

右の画像は参考程度に前立腺がんの画像をwikipediaからとってきたのですが
スレ主も「広い意味でいえばあのごつごつは悪性腫瘍」だったため
広くとらえれば癌というのもあながち間違いではなかったようです。

結局スレ主はその後病院へ行って検査を受け
最終的に前立腺とイチモツをすべて摘出するも一命は取り留めることができました。

近年よく「女性になりたい男性」がマスコミで取り上げられたりしますが
この場合は不本意に”男性をやめなければいけなかった”ので
はたして彼が性別を捨ててまで一命を取り留めたことが幸せかどうかは疑問ではありますが。

この一連の流れ(ガナニーと呼ばれていますが)K子はむしろこのスレッドに
「オナニーのメリット」を垣間見たなと感じました。

最終的に全摘出しなければいけなかったという点では良しあしを判別できませんが
彼がオナニーをしていなければ
そしてガナニーを2ちゃんねるの掲示板で共有していなければ
この悪性の腫瘍は見つかることもなく着々と進行していたでしょう。

オナニーをするとはげになる、オナ禁するともてる
といううわさも巷では流れだしていますが
その一方で今回のガナニーように「オナニー=究極の自己理解」という考え方もあります。
自分の体の変化にも気付ける場合も往々にしてあります。

なのでK子はこのオナコラ.comではオナ禁の考え方も興味深いので、推奨してはいますが
完全なるオナ禁、完全なる禁欲は推奨していません。

あなたの性器の周り、いつもと違う感覚はありませんか?
それはもしかすると…体調の変化のサインなのかもしれません。

コラム一覧
渋谷ミルク