ホーム > オナクラコラム > オナニーのメリット > ○U○←ここ(タマ)を守れる!
2014/12/11

○U○←ここ(タマ)を守れる!

Pocket

いつもお読みいただきありがとうございます
オナコラ.comのK子です。
毎日更新しているこのオナコラ、歴史的な記事も含めると
オナ禁は凄くいい効果
という意見に偏りがちになってしまっていますが、
K子は実際のところオナ禁しろって言いたいわけではないのです。
(もしオナ禁みんなしちゃったらオナクラにもみなさん行ってくださらないわけで
あのマニアックな世界観を理解していただけないとなってしまったら勿体ないですから)

まあオナクラに行ってほしいというのももちろん1番の理由なんですけれども
実はオナ禁、徹底しすぎてしまうと身体によくないというスレッドを発見してしまいました。

工工エエェェ(´;д;`)ェェエエ工工 朝起きたら…

寸止めオナニーの被害1

(※例のごとくサムネイルクリックで当該サイトに飛びます)
この少年、寸止めオナニーを2か月くらいしていたところ
キ○タマがぱんぱんになって救急車で運ばれ
(※同症状になったことがある人のネット情報によると、膨張したタマはみかん大らしい…)
片方の玉を摘出しなければいけなくなったとのこと。

oranges

しかもこちらの方はまだカタタマで済んだからよいものの

寸止めの被害2

(サムネイルで飛びます)
こちらの方は間に合わなかったようです
「オナニーはよくない、でもムラムラするから寸止めにしておこう」
…寸止めしてこうなるくらいだったらオナ禁を解除した方が全然よいと思いませんか?

まだまだある、命がけの「オナ禁」リスク

また、オナ禁は、まあ上の記事のように直接的に目に見える被害のほかにも

あたりのリスクにもなりかねません。

男性の生殖機能は年齢とともに徐々に衰えていくのですが
前立腺がんはこのように造精機能が低下すると、発症のリスクが高くなるようです
80代では約半数が前立腺がんのリスクを持っているそうですが、
(ただ80代でがんがみつかったとしても進行は遅いので不要な治療な場合も多いです)
年齢に関係なくオナ禁をしているとここの造精機能が低下しやすくなってしまいます

また鼠系ヘルニアに関しても
寸止めオナニーをしていると股間を長時間力んだ状態にしなければいけなくなるので
その圧迫で玉の部分が壁を突き破ってしまう可能性があります。
そうすると突き破ってしまった部分が腸を圧迫するので痛みを感じるそうです
また鼠系ヘルニアに関しては投薬での治療ができず手術のみでの治療になってしまうので
これもこれで恥ずかしい思いをしなければいけないリスクも高まります

具体的な病気でなくても寸止めオナニーやオナ禁は
女性のアソコでは感じなくなってしまうため勃起不全の原因にもなります。
勃起不全になってしまうとすなわち結果として

  • 射精回数
  • 精子の量

も少なくなってしまうので結果不妊になってしまうというリスクもあります。

適度なオナ禁は人を生き生きさせるよいものではありますが
寸止めしてでも無理やりオナ禁に執着するのはよくないのではないか
というのがK子の見解です。

無理なくご自身の体につきあっていきましょう。

コラム一覧
渋谷ミルク