ホーム > オナクラコラム > オナニーの日本史 > 山芋でオナニーしすぎて死んでしまった歴史上の有名人は?
2014/10/22

山芋でオナニーしすぎて死んでしまった歴史上の有名人は?

Pocket

japanese-woman…そんな歴史上の人物が本当にいるのか
真偽のほどはこのお話も定かではありませんが
確かに鎌倉時代の書物「古事談」の中で
“山芋でオナニーしすぎて死んでしまった”と言い伝えられている歴史上の人物は存在します。

称徳天皇です。

 称徳天皇は、奈良の大仏を作った聖武天皇の娘さんです(女性の天皇なんです)。
道鏡という(失礼ではありますが)胡散臭い僧侶を溺愛し、
彼に天皇の座を渡そうとした(結局は失敗に終わるのですが)という意味で、
「よくない天皇」として取り上げられてしまうことが多いです。

 そんな彼女、称徳天皇は、道教とHがしたくてしたくて仕方がないのですが、
道鏡も一応僧侶なので、そう毎日毎日彼女の相手をしていられませんよね。
 そこで道鏡は彼女に自分のイチモツの代わりに「太くて長い山芋」を与えたそうです。
 道鏡にもらった山芋で、称徳天皇は毎日のようにオナニーをしたそうですが、
ある日とんでもない悲劇が彼女を襲います。
 山芋でいつものようにオナニーをしていると、
自分の膣の中で山芋が折れて取り出せなくなってしまうのです!!!
 膣内に山芋が入った状態なので、粘膜や皮膚がかぶれてしまったのでしょうか…
称徳天皇は大変な病気になってしまったそうです。

 百済(現在の韓国)からやってきた手の小さい女医の小手尼という人が
「私の手はすごく小さいので、簡単に膣の中の山芋を取り出せますよ」
と称徳天皇を助けようとしたのですが、
その場に居合わせていた貴族の藤原百川が
「(道鏡を天皇にしようとしているので)称徳天皇を生かしておくと、国が傾いてしまう」 
と考え、小手尼をその場で斬り殺してしまい、結局称徳天皇も病気が治らず死んでしまったそうです。

 あくまでこれは説話ですが、きゅうりやなすなど
女性の中にはいろいろなものを膣内にいれてオナニーをなさる方もいらっしゃると思います…
(ちなみに私はものは入れません!)
 現代医療ではしっかり病院に行けば治るとは思いますが
 ちょっと恥ずかしいと思いますので
やるときはくれぐれも気をつけつつ楽しいオナニーライフを送りましょう。

コラム一覧
大宮072 渋谷チック I see you ミルクハート 渋谷コスプレアカデミー プレイステーション 桃色学園 オナクラ キュート 新橋ハートクリニック ChouChou PEACE(ピース) オナくらクローバーZ ガールズコレクション 旭川シークレットクリニック 読モキャンパス 可愛塾 ジラシっ娘☆PARK キューティーキャラバン 乙女 痴女遊(ちじょゆう) ナースのお仕事 アップルティ ファーストレディ 渋谷ミルク ゴールドハンズ PRESIDENT(プレジデント) プリティードール